画像をクリックすると拡大されます

  • 0.jpg
  • 1.jpg

全管協コールセンター 業務サポート

株式会社ユーエムイー
商品コード:10000894

不動産管理窓口電話対応のアウトソーシングを承ります。
時間を取られがちな管理窓口の電話対応業務をアウトソーシングすることで、現場の負担軽減、人件費の縮小につながり、利益率UPや業務拡大にお役立ていただけます。

対応方法や受付時間などは企業様の要望にお応えする
「カスタマイズ方式」を採用。

事前にお打合せすることで企業様独自の対応を承ることも可能です。
このような形式のアウトソーシングコールセンターは通常安価ではありませんが、全管協会員様特別価格でご提供致します。

◆対応ルール
導入前に打合せを行い、企業様のご要望にお応え致します。この場合はこうして欲しいなどご相談ください。

◆報告
メールとWEBシステムを用い、リアルタイムでお客様対応のご報告を致します。

◆WEBシステム

履歴システムはWEBシステムを採用。履歴を入力すると同時にWEBシステム側に反映、即座に履歴を確認していただけます。

また、様々な条件で履歴の検索が可能。類似トラブルや同一物件、特定期間内の履歴を探すことも容易です。分析機能も備えておりますので、長期的にご活用いただくことで物件や地域毎の入電傾向を把握することにもお役立ていただけます。



【コールセンター対応風景動画】(2016.3掲載)



【インタビュー動画】
◆(株)三福管理センター 永井俊昭氏
開発経緯や活用方法などをお話し頂きました。



◆(株)天極 黒澤慶一氏
導入事例動画



サービスエリア
全国
通常価格

全管協会員を対象としたサービスです。会員特典欄をご覧ください。

掲載日:2015/07/01(最終更新日: 2017/11/01 13:24)

商品のポイント

電話対応のルーティン作業をアウトソーシング!御社への入電を代わりに対応致します。

企業様の多様化するニーズにお応えするため、対応内容・受付時間も自由に設定可能!細かいご要望にお応えします!まずはご相談ください。

業務を効率化し、浮いた時間・コストを他業務のために有効活用!

詳しいスペックを見る
【プラン】※対応するお問合せ内容が異なります。
設備ソフトプラン:設備トラブルとソフトクレームに関するお問合せに対応。
一括受けプラン:全てのお問合わせに対応。
※ソフトクレームとはゴミマナーや騒音、迷惑駐車など設備以外に関するクレームを指します。

【設備トラブルに関して】
業者の手配が必要な場合は、企業様指定の業者様を手配致します。指定がない場合は、弊社から業者を手配することも可能です。

【受託時間】終日対応・営業時間外のみなど自由にお選びいただけます。

【対象】お問合せ窓口を丸ごとアウトソーシングできますので、入電者や入電内容問わず、入居者様でもオーナー様でも業者様でも営業電話でも、対応が可能です。この窓口への問合せを代わりに受けて欲しい。などのご要望を承ります。

【ご活用方法一例】
◆人事コストの削減
主に窓口業務だけを行う人員を減らす、もしくは増やしたいけどコストが・・・といった企業様へおすすめ致します。
人事管理コスト:人事に伴う事務負担を軽減。アウトソーシングすることで、雇用を抑え、採用・退職手続から給与支払事務、社会保険手続、税務処理などを行うコストを削減します。
研修コスト:社員を採用した場合、研修を行うことになりますが、研修担当者の時間が割かれます。そのコストを低減できます。

◆業務の拡大や経営の効率化を図りたい企業様へ
管理業務が増加するのに比例して電話対応業務も増加します。その増加する業務をアウトソーシングすることで低コストと業務拡大を両立し、浮いた時間とコストを拡大業務へ回すことができます。ルーティン業務はアウトソーシングし、独自性が求められる業務は少数精鋭の社員へ任せるといった経営の効率化をお手伝い致します。

◆応答率の改善・クレームに費やす時間の削減
電話がつながらないことで、単なる問合せがクレームになり、結果その対応に膨大な時間を費やすこともあります。従って、いかに初回入電をこぼさずに対応するかもクレームを抑える方法のひとつとなります。本サービスでは、入電が増加する時期には、受付人数を増加するなど人員コントロールすることでいかなる時期も応答率を高水準で維持し、このどちらも削減することが可能です。その結果、窓口業務や営業担当の社員様の心的負担の低減による業務遂行度の向上や入居者やオーナー様の満足度をあげる効果も期待できます。

◆オーナー様への対応報告
WEBシステムで残した対応履歴を印刷することも可能ですので、そのままオーナー様への報告書として活用していただけます。

◆夜間対応担当者様の負担の軽減
夜間帯のみのアウトソーシングも可能ですので、夜間の入電を担当者の携帯などで受けているケースを解消できます。待機時間に発生する給与の削減や心身の負担を減らすことで社員様の安定したパフォーマンスを引き出すことにもつながります。