画像をクリックすると拡大されます

  • 0.jpeg
  • 1.jpeg
  • 2.jpeg
  • 3.jpeg

VR内見 業務サポート

ナーブ株式会社
商品コード:10001039

不動産特化型VRサービスの『VR内見』。
反響獲得したお客様へパノラマを簡単に送付でき、来店された方には
VRゴーグルを活用した接客により内見業務を効率化可能です。
反響来店率、成約率の向上に効果を発揮します。


ナーブの『VR内見』は不動産特化型VRサービスです。

見込み顧客への営業強化
見込み顧客に対し、スマホで閲覧可能な360度パノラマをURL一つで送付可能です。
来店前の顧客に対しての営業を強化し、来店率、並びに内見率を向上させます。
専用のVRゴーグルを活用することで、来店した顧客にVRでの内見を提供し、案内業務の効率化を実現します。また、VRであれば、居住中の物件も内見可能になり、退去予定物件の成約率向上も可能です。

スマホで簡単VR製作
VRの作成は非常に簡単です。VR撮影カメラ(Ricoh社のTHETA等)とナーブ社が自社開発したスマホアプリを利用することで、撮影後即日VRを作成することができます。
作成したVRは自社HPに公開することも可能で、かつポータルサイトで利用するパノラマ画像として利用が可能です。


サービスエリア
全国
通常価格

・VRクラウド基本料金
初期費用:15,000円(税抜) 16,500円(税込)
月額費用:4,980円(税抜) 5,478円(税込)

・パノラマ掲載オプション
月額費用:5,000円(税抜) 5,500円(税込)

・クルール(VRゴーグル)オプション
月額費用:15,000円(税抜) 16,500円(税込)
※SIM有の場合は+3,000円(税抜) 3,300円(税込)

掲載日:2017/09/25(最終更新日: 2024/05/27 08:09)

商品のポイント

 ポイント1  顧客の物件探しをVRによって、効率化
内見をたくさんしたい顧客、内見数を少なくし、効率的に契約を取りたい不動産会社様。VR内見であれば、双方のニーズを満たした接客が可能になります。

 ポイント2  退去予定物件でも、内見可能に。管理物件のVR化
内見ができない退去予定物件をVR内見可能にし、成約率を向上。特に重要な自社管理物件は漏れなくVR化

 ポイント3  誰でも簡単VR製作
撮影業務に時間を取られては本末転倒。ナーブのVR撮影アプリを使えば、誰でも簡単に手間なくVR撮影が可能です。 

詳しいスペックを見る
■VRに関する特許
VRディスプレイ共有に関する技術について、日本、中国、米国にて特許を取得しております。この共有技術によって不動産業者様は、VRを見ているユーザーと視覚を共有しながら、円滑なコミュニケーションを取ることができます。

■成功例①N社:退去前物件や新築でVR内見が活躍。
東京都豊島区の店舗では、VR内見の効用が明確に表れています。空き予定や新築などで、室内が見られない物件も疑似内見ができるようになりました。またお客様にとっては既にVRで見た物件のため、実際に内見に行ったときにがっかりされることがなくなりました。確度が高まり、“堅い契約“が増加したということです。

■成功例②S社:学生向け春商戦にVR内見を活用。時間ロス削減で業務効率化。
山梨県のS社では、学生にターゲットを絞りVR内見を徹底させる戦略をもって、大きな成果を上げました。VRで時間のロスを減らすというメリットが、受験期の学生というお客様に共感いただけたようです。
なんと春商戦に初めて挑む新人2名が、VR専任チームとして活躍。業務フローが明確なことで、「やるべきこと」も絞られたといいます。大学受験日の前後など1日の来店数が非常に多い日も、VR内見の徹底により効率的な接客を行いました。

■成功例③Y社:VRなら撮影時間を半減。撮影漏れもなくなりました。
神奈川県戸塚エリアの店舗では、7月にVR内見を導入。撮影業務が特に楽になったといいます。従来は眺望、エアコン、キッチンと一通り全て撮影する必要がありましたが、VRで撮影すると、360度で撮影された画像を事務所に戻ってキャプチャすれば大丈夫。ウェブサイトにも活用できます。普通の写真はもう一切撮らなくなったとのことです。
現地でお客様を案内しているときに一緒に撮影をしてしまうことで、自然にVR画像が蓄積される仕組みが作られています。